シースリーの顔脱毛について!その範囲、化粧、その他いろいろ

全身脱毛サロンのシースリーは、月額7,500円で全身の脱毛ができます。
そこで、どこまでが脱毛範囲なのか?どこまでツルツルになるのか?
それが問題ですね。

全身ですから、脱毛しない部分を考えれば良いのですが、ホームページには
髪、乳輪、ヘソの穴、手のひら、足の裏、耳、目鼻唇と粘膜部分
とあります。

じゃほぼ全身だねと言いたい所ですが、顔の部位では、
おでこ・頬・鼻下・あごが対象になりますし、VIO脱毛ではVラインのみの施術になります。
ですから、IO脱毛は全く手を付けないか、追加料金での施術扱いになります。

カウンセリングの時に説明を受けるのですが、最初からIOはしなくても良い、脚や腕、背中あたりをキレイにしたい方にとってみれば、シースリーの脱毛はオススメです。
回数も無制限ですし、7,500円という料金も他と比較をしてもとても安いです。

もちろん、月額7,500円以外のコースで、顔もVIO脱毛もすべて行う内容のものもあります。
それでも安い料金でしっかり受けることができます。

シースリーの施術後のアフターケアは、ヒアルロン酸たっぷりのローションでとても気持ち良いです。
そこで、考えなくてはならないのが、化粧です。
オフィス帰りじゃなくても、普段でもスッピンで歩く方は少ないです。
ですから、シースリーに来店する時、顔は化粧をしています。

脱毛施術前にはキレイに落とすことが必要です。
光脱毛の施術になりますから、うまく照射できなかったりするのが一番の理由ですが、アフターケアなどもお化粧をしていてはできませんね。

しかし、今度は施術が終わりました、帰る時にも化粧はしたいですよね。
しかもシースリーには、キレイな専用ドレッサーが用意されています。
原則的には、施術後すぐの化粧はオススメできないということです。
どのくらいのものなら良いのかなどを、カウンセリングの時に確認してみてください。

注意しなければならない点は化粧ではなく、日焼けをしてしまうことです。
これは絶対に厳禁なことで、なおさら化粧をしたいところです。
ですから、必ず、施術前後の化粧については、確認が必要です。
少なくとも、来店までは薄化粧(すぐに落とせる程度)が良いですね。

その他、制汗剤やクリームなど、体にもあまり余計なものは使用しないほうが良いです。
毛穴に制汗剤などが詰まることで、施術の出来が変わります。

来店予定がある日の化粧、特に目の周りのシャドーなどはなかなか落ちないので、薄く付けるなどの工夫をすることが必要ですね。